エビデンス駆動型教育研究協議会シンポジウムで堀田センター長が基調講演をしました(8/11)

一般社団法人エビデンス駆動型教育研究協議会のキックオフシンポジウムが2021年8月11日(水)に開催され,堀田龍也教授/ラーニングアナリティクス研究センターセンター長が「初等中等教育における「データ駆動型の教育」を目指して」という演題で基調講演をしました。

同シンポジウムは,先日のLARCキックオフシンポジウムで基調講演をしていただいた京都大学大学院情報学研究科の緒方広明教授が主宰されたイベントで,国立情報学研究所(NII)の喜連川所長や,文部科学省教育DX推進室の桐生室長などが講演されました。

エビデンス駆動型教育研究協議会のキックオフシンポジウム:https://www.ederc.jp/events/kickoff-symposium