LARCキックオフシンポジウムを開催しました(7/26)

東北大学大学院情報科学研究科ラーニングアナリティクス研究センター(LARC)の開設記念キックオフシンポジウムが,2021年7月26日(月)10:00-12:00に開催されました。

加藤寧研究科長の御挨拶のあと,堀田センター長からLARCの紹介がありました。京都大学大学院情報学研究科の緒方広明教授から「ラーニングアナリティクス研究の最新動向」と題した基調講演を賜りました。ラーニングアナリティクス研究の研究範囲,トレンド,技術的・運用的課題などについて,たいへん示唆に富むご講演でした。

シンポジウム 「ラーニングアナリティクスにどう取り組むか」では,尾畑副センター長から東北大学教育・学習データ利活用宣言について,橋本副研究科長から移動情報学研究と対比させたラーニングアナリティクス研究の初動の取り組みについて,乾教授から自然言語処理技術を活用した作文解析・支援研究についてご報告いただき,それぞれに緒方先生からのコメントをいただきました。

私たちLARCでは,情報科学研究科の個別研究の理論や実践を踏まえ,それらがラーニングアナリティクス研究として融合していくように取り組みを進めて参ります。